2009年10月30日

祝!ドラフト選出

次男坊所属の少年軟式野球チーム「世田谷ドラゴンズ」から待望のプロ野球選手がいよいよ誕生!?

昨日のドラフト会議で横浜ベイスターズ育成枠で選出されました。

先日の練習場に来ていて「もしかしたら選ばれるかも」と言っていたので、ドラフト速報でしっかり育成枠までチェック!

すらっとした上背にイケメンのナイスルックス。

size5.jpg

間違いなく、将来のスター選手の有望株です。

これからが大変ですが、ぜひ頑張って1軍で活躍して欲しいですね。

頑張れ!野球


2009年ドラフト育成枠【横浜ベイスターズ】2巡目

小林 公太(こばやし・こうた)多摩大聖ケ丘高校
東京・世田谷区生まれ。18歳。少年時代は世田谷ドラゴンズで主に捕手、中学時代は城南ボーイズで主に内野を守り、高校で投手専念。夏の西東京大会は1回戦で都練馬工業高校と対戦、七回参考記録ながらサイドスローでノーヒット・ノーランを達成してコールド勝ち、2回戦で敗退。179センチ、64キロ。右投右打。

ドラフト寸評(スポーツアネックス社)
右サイドから繰り出す勢いのある直球とキレのあるよいスライダーが武器。
腕の振りが速く、ストレートは最速145キロをマークし威力十分。
線は細いが強さを感じられる選手で、将来性豊かな隠れた逸材。
今年の入団テストで唯一の合格選手である。

小林が7回ノーヒッター/西東京大会
高校野球西東京大会>◇12日◇1回戦
 多摩大聖ケ丘の右腕・小林公太投手(3年)が7回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。練馬工を7−0の7回コールドで下し、許した走者は四球の3人だけ。107球を投げ、11三振を奪った。小林は「カーブもシュートも投げず、直球とスライダーだけで勝負しました」と振り返った。次戦の相手日野が観戦しているのを意識しながらの快投。11三振には「最低15。本当は27個のアウトをすべて三振でとりたい」とどこまでも強気のエースだった。


マクドナルドカップ 第25回関東学童軟式野球大会 世田谷ドラゴンズ優勝!
少年時代は捕手でした。




ラベル:ドラフト
posted by きどっぴぃ at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。